癒しの温泉と日本人の足跡に触れる 瑞穂温泉ミニ紀行【台湾旅のススメ#17】

 

こんにちわ☆彡
いつもお越し頂きありがとうございます♬

今日も癒しの画像や動画、曲、バイノーラルな音楽などをお届けしますね♪

早速、こちらをどうぞ★

 

台湾東海岸の花蓮県には、日本統治時代の町並みが随所に色濃く残されています。また、同地には温泉も少なくありません。

今回は日本統治時代の町並みと温泉を同時に楽しめる、瑞穂温泉(花蓮県瑞穂郷)についてお届けします。

日本統治時代に療養所「滴水閣」として誕生し、当時の建物をそのまま活用している温泉宿「瑞穂温泉山荘」を起点に、瑞穂温泉周辺の町並みをめぐっていきます。

また、温泉街の真横にはかつて、煙草栽培を目的とした日本人による移民村「瑞穂村」の集落がありました。移民村の名残を今に留めるベーハ小屋(タバコ乾燥小屋)もあり、温泉と歴史勉強を同時に楽しむことができるのです。

【台湾旅のススメシリーズ、毎週金曜日18:00放送!】
※ネタが尽きた場合、急遽連載を取りやめる場合があります。あらかじめご了承ください。

公式ブログ『ゴトーチたまて箱』
http://wra5.blog.fc2.com

公式Twitter
https://twitter.com/wra5blog

いかがでしたか?

今日もあなたの癒しになっていただけたら
嬉しいなと思います♪

もしよければ、
イライラを癒すLINE@で
もっと癒されていただけたら
嬉しいです。

⇒こちらのURLからもご登録いただけます☆彡
https://line.me/R/ti/p/%40rwu9125t

⇒@rwu9125t
LINE友達検索ではこちらのIDとなります♬

そして、

ランキングに参加しています♡
ポチっと応援よろしくです♡
 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする